アーティフィシャルフラワーとは、なんですか?ただの造花ですよね。。と思われる方も多いでしょう。確かに、造花なんですがただの造花ではないんです。アーティフィシャルフラワーは、生花そっくりの色合い・雰囲気を出しながら、生花以上の美しさと扱いやすさを持たせた近年人気の造花です。

他にアートフラワーシルクフラワーなどと呼ばれています。
シルクとは、絹のことで、シルクでできていないのにシルクフラワーというのは、ちょっと変な気がしますが、このようなポリエステルでできた造花もシルクフラワーといいます。
所以はわかりませんが、シルクのように美しいということかもしれませんね。

このような、精巧にできた造花は、以前のリアリティーに薄い造花の印象を覆し、ウエディング、ホテル、イベントなど、あらゆる場所で利用されています。最近では、生け花や生花のフラワーアレンジメントを習う人より、プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーの教室の方が人気が高いそうです。

本物以上の華やかさを持ち、水やりの手間もなく、壊れにくく、長く楽しめ経済的で、生花の代用品となる人気のアーティフィシャルフラワー。こちらで少しその魅力をご紹介します。

アーティフィシャルフラワーの素材はなんですか?

細かい産毛がついたグレーの葉のサルビア

アーティフィシャルフラワーの素材は、ポリエステルやポリエチレンです。カラーなど厚みが必要でマットな風合いが必要なものには、ウレタン等も使用されています。高度な技術でできたアーティフィシャルフラワーは生花と見間違うほどです。

こちらは、サルビアの葉になりますが、グレーの色といい、この細かい毛が本物そっくりですね。

小さなハート型の葉っぱと細い茎、小さな白い花の集まりのレースフラワー

小さな葉っぱ、細い茎。細くても生花やプリザーブドフラワーのように簡単にはちぎれません。ちぎれにくいので、アレンジが長持ちですね。

ホワイトレースフラワーのファッとした感じが良く出ています。

アーティフィシャルフラワーのいいところ

ピンクのに少しグリーンがかった花びらのスプレーバラ

プリザーブドフラワーと違い、生花のようなグラデーションの表現ができます。外側が少しグリーンがかった花びらのあるピンクのバラは、単調になりがちなアレンジを華やかにしてくれます。

アーティフィシャルフラワーは、生花の一番美しく咲いた時をそのまま形にできます。

黄色の花粉をもったカモミール

最近では、アレルギーの問題で花粉や香りのある生花は持ち込めない病院が増えてきました。プリザーブドフラワーやアーティフィシャルフラワーならば、花粉や香りがなく、水替えなどの必要もないのでいろいろな場面で利用されています。

このカモミールも本物そっくりで、まるで花粉がびっちりついているようですね。繊細な作りが魅力です。

色違いのローズと実物

生花にない色のお花、生花より大きなあるいは小さなお花、統一されたサイズで、いろいろな演出が楽しめます。

ネイビーのいろんな種類の実物たち

実物も豊富です。アレンジに実物が少し入っただけで、かなりおしゃれ度が高まります。

長いアイビーツル付き

組み立て式のアーティフィシャルフラワーは、つなぎの部分をはずして、別のところに取り付けたりなどができ、独自のアレンジが楽しめます。

かわいいつるがついたこのアイビー、つなぎ部分ではずして、長い部分に付けたし、もっと長くすることができます。私のお気に入りです。