プリザーブドフラワーとは、どんなものなのか?どんなものがあるのか?プリザーブドフラワーの歴史などご紹介します。

プリザーブドフラワーとはどんなもの?

プリザーブドフラワーでできた白とピンクのクラウンウエディングブーケ

『プリザーブド』とは、英語で『保存する』という意味で、『プリザーブドフラワー』とは、生花に特殊な加工を施して、生花より長い期間、美しい状態を楽しめるようにしたフランス生まれの高級なお花のことです。

プリザーブドフラワーは、どうやって作るの?|プリザーブドフラワー製造工程

具体的には、お花が一番きれいに咲いた時を見計らい、丁寧に1本1本刈取り、刈り取ったものを水分と色を抜く液に浸し、水分・色を抜きます。水分が抜かれたお花を今度は、着色液と潤滑液につけて、色と柔らかな風合いを施します。その後、お花を綺麗な状態に広げ乾燥させて出来上がりです。

要は、お花の水分とプリザーブド液を交換した形です。水分を抜くことで、バクテリアの繁殖を抑え、プリザーブド液によってドライフラワーにない柔らかな質感と瑞々しさを保て、枯れないお花が出来上がります。

プリザーブドフラワーは、いつできたの?|プリザーブドフラワーの歴史

ベルギーのブリュッセル大学とドイツのベルリン大学の共同研修開発によって、1987年にプリザーブドフラワーが誕生しました。また、1991年にフランスのヴェルモント社が特許保存技術を発表してから、フローラルデザイナーたちが利用するようになり、広まっていきました。

ただ、プリザーブドフラワーの起源は、もっと古く、昭和期から葉を長く持たせるために、グリセリンを葉に吸わせて加工していたそうです。

グリセリンのほとんどが大豆油や獣脂などの加水分解によってできますが、無色透明の糖蜜状液体で、甘味を持っています。グリセリンは、食品添加物に使われたり、医薬品、化粧品に、保湿剤・潤滑剤として使われています。グリセリンを葉に吸わせると、ドライフラワーのようにカサカサにならず、柔らかなしおれない葉ができあがります。プリザーブドフラワーと違い色は、茶色かかった自然の色になります。

プリザーブドフラワーローズって、どこで作られているの?|プリザーブドローズ生産地

バラとアジサイとカーネーション

プリザーブドフラワーといえば、バラを思い浮かべる方が多いと思います。他に、カーネーション・アジサイが主流です。

日本に大地農園というプリザーブドフラワーの大手メーカーがありますが、新しいバラを発売するときは、常に100品種以上のバラから花を探し出しているそうです。すでに商品としてあるものも、日々研究し改良されています。

プリザーブドフラワーローズは、生花と違い加工し長期保存がきくお花なので、年中安定して収穫できる国で栽培し、その後加工所で処理しています。

標高が高く赤道に近い南アフリカ北西部のコロンビアは、安定したバラ栽培に定評があり、コロンビア産のバラは上質とされ、人気があります。他に東アフリカのケニア産ローズなどがあります。

(グリーンアリアで使用しているバラも、コロンビア・ケニア産です。)

バラ・アジサイ・カーネーション以外には、どんなプリザーブドフラワーがあるの?|プリザーブドフラワー種類

いろいろなプリザーブドフラワー

年々技術が進歩し、今では、ずいぶん種類が増えました。

バラ・アジサイ・カーネーションの他に、
デンドロビュウム①・デンファレ・コチョウランなど一輪でも存在感のある蘭
小菊・輪菊・ピンポンマム②などの菊類やダリア③などの和風のデザインに良く取り入れられるお花
大き目で存在感のあるクチナシ
ひらひらした花びらが魅力のトルコキキョウやスカビオサ④
ビビッドなカラーのガーベラ
他にカラー・ジャスミン・ラベンダー・ブルースター⑤、カスミソウ⑥
葉物
ペッパーベリー⑦などの実物などがあります。

バラも最近では、内側と外側で色が違う商品⑧等も次々と作られ、種類・カラーとも豊富になってきました。